糖尿病になったら日常生活の見直しを|食事に気をつけよう

便利な宅配サービス

料理

単位と食品交換表

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンが不足し、血糖値が常態として高くなってしまう病気のことです。血糖値が高くなれば、神経障害や腎臓病、網膜症などの合併症のリスクが高まります。したがって、数値の改善に取り組まなければなりません。糖尿病の改善には、薬物治療や運動療法も肝心ですが、食事療法がその中核をなします。糖尿病患者の食事は、1日に摂取するカロリーは、1400kcalから1800kcalとなります。一般成人の1800kcalから2200kcalと比べると、少ない量となります。加えて、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンやミネラルから、バランスよく摂取しなければなりません。また、食事で使用する調味料にも制限が加わります。このように困難な糖尿病の食事管理ですが、80kcalを1単位とし、食品交換表を用いてわかりやすくしています。この2つを用いることで、例えばごはんなら1単位50gなど、食材と摂取して良い目安量が把握しやすくなります。

宅配サービスなどが人気

このように、単位と食品交換表を用いることで、わかりやすくなるものの、実践することは容易ではありません。管理栄養士の指導を受けてみても、量や味付けが本当に正しいのかはわかりません。利用する食材によっても若干のズレは生じてしまうものです。これらはあくまで目安なのですから。また、限られた食材や調味料の中から、患者が飽きないようにすることも困難なことです。こうした理由で、宅配サービスを利用する方が多くいらっしゃいます。宅配サービスで送られるものは、管理栄養士がしっかり食材や調味料をチェックしたものですから、何より安心感があります。メニューが豊富な業者を活用すれば、飽きることもないでしょう。また、多くはレトルトパックの状態で届けられますから、調理が簡単です。仕事や家事が忙しい方でも安心のサービスです。こうした宅配サービスは、医師や病院から紹介を受けることも可能です。

病食と症状の改善

男性

健康な体を維持するためには、糖分や塩分の過剰摂取を控えバランスのとれた食事を意識することが大切です。糖尿病は症状が悪化するとさまざまな合併症を引き起こすリスクが高くなります。悪化させないためには早期発見と治療が求められます。

詳しく見る

食べ方や食品に気を遣う

老人

糖尿病は、毎日の食事の仕方や、どんな食品を食べるかによって、改善することができます。糖尿病と診断されたら、医師としっかり話し合い自分に合ったカロリーを守って、食事療法を続けましょう。毎日規則正しく食事をしましょう。

詳しく見る

カロリー制限と糖質制限

介護

糖尿病と診断されると運動と食事療法が必要になります。そして、服薬治療も併行して行なう事が一般的です。また、食はこれまではカロリー制限食が主流でしたが、最近は糖質制限食も効果があることから取り入れる病院もあります。

詳しく見る